転移しにくい大腸がん|進行が遅くても油断できない

女性

治療方法はじっくりと

看護師

進行速度は遅い

大腸がんは大腸にできるがんです。特徴としてその進行は他のがんと比較してゆっくりであることと、転移しにくいがんが多いことです。大腸は小腸の先から肛門までの間を指していますが、その中で直腸が最もがんが発生しやすい場所となっています。大腸の壁は比較的厚くできているため、その壁を越えて進行するまでかなりの時間を要します。そのため発見後治療をじっくり行うことができます。外科手術が一般的ですが、外科手術を行うことで他の臓器への転移を誘導させてしまう可能性もあります。転移先は血液が集まる肺や肝臓です。これらの臓器に転移するとほぼ助かる見込みはなくなってしまいます。そのため大腸がんの治療は安易に外科手術を選択するだけでなく慎重に考える必要があります。

治療法は慎重に検討

血便などの症状は出ますが、これといった生活に支障を来すような症状はありません。そのためがんがあることを承知のうえで治療を行わずに放置することも一つの方法です。手術することでのリスクを高めるのであれば、放射線治療や抗がん剤治療に専念することも大事なのです。症状はゆっくり進行するので、今日明日に何か症状が変化することも考えにくいのです。生活に支障が出るような状況になったときに治療法を考えても十分間に合います。そのため大腸がんをあえて治療しないことを進めるセカンドピニオンも実在します。週一回の放射線治療を行うことで大腸がんを小さくすることができた事例もあります。大腸がんの進行速度より治療速度の方が早いためなのです。

腎臓にかかる負担を小さく

女性

透析の治療を受ける時には透析の専門医に診てもらうことができればベストで、岡山にどんな専門医がいるのかは学会のウェブサイトから簡単に調べることができます。また、候補となる病院が複数ある場合には実際に行ってみるなどして自分なりにいい病院かどうかを判断するといいです。

もっと読む

ホルモン分泌組織

レディー

甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌している組織で、代謝だけでなく人体の感情にも影響します。分泌は過剰も減少も良くないことで、それぞれ特有の症状が現れます。精神的な病と思われることが多いので、攻撃的か憂鬱が続く場合は精神科の前に甲状腺の検査を受けることをオススメします。

もっと読む

怖がらずに定期検診へ

病院

若い女性に発生しやすい子宮頸がんはウイルス感染が原因で起こると言われています。子宮頸がんを早期発見するためには2年に一度の検診が必要です。痛みもなく簡単な検診なので20代になったら受けることをおすすめします。

もっと読む