転移しにくい大腸がん|進行が遅くても油断できない

病棟

怖がらずに定期検診へ

病院

若い女性に多いがん

子宮頸がんは20代から30代の出産を経験する若い女性に多く発生するがんです。子宮の入口である頸部にヒトパピローマウイルスというウイルスが長期間感染することで、がんが引き起こされると言われています。とてもありふれたウイルスなので、誰もが一生に一度は感染すると考えられています。他のがんと同様に子宮頸がんにも初期症状はほとんどないため、発見するためには定期検診を受けることが重要です。子宮頸がんが進行すると、生理日以外にも出血が起こったり、下腹部に痛みを感じるようになります。これらの症状は子宮頸がんでなくとも現れることがあり、女性特有の単なる体調不良だと見過ごされがちです。しかし放っておくと、がんは周辺の臓器にも転移し、治療しにくくなってしまいます。

検査は簡単

子宮頸がんの検査は簡単です。痛みもなく時間もかかりません。生理痛の有無などの問診の後に、子宮頸部の細胞を綿棒のような器具でほんの少し採取して、がんが発生していないか調べます。健康保険組合の実施する健康診断のオプションとして受けられる場合があるので、検査のために改めて病院へ赴かなくとも職場の定期健康診断を受診する際に一緒に受けるケースもあります。子宮頸がん検診に補助金を出している自治体もあるので、住んでいる自治体に確認してみることをおすすめします。子宮頸がんは比較的ゆっくりと進行するがんなので2年に一度の検診が目安です。早期に発見できれば子宮を残すこともできるので、恥ずかしがらずに検診を受けるようにします。